かめはうさぎより遠くにいける~もっと、やれるぞ亀岡~

あなたと一緒に取り組むための、京都府亀岡市の地方創生ブログ

16歩目:【地域経済編②】〇〇部長、夏の夜は まだ宵ながら あけぬるを(〇〇に入るものは?)

雲のいづこに 月宿るらむ(36番歌)らしい

地方創生担当部長の仲山徳音(なかやま なるね)です。前回から、RESASを用いた地域経済分析をはじめました。

 

「RESASを初めて使う者でも地域経済分析を進めていける」ことが本シリーズの目標です。

 

早速やっていきましょう。

 

RESASのトップページ上段にあるメニューから、

 

「地域経済循環マップ」→「地域経済循環図」と進み、

 

京都府」→「亀岡市」でデータをひらいて見てください。

 

f:id:nakayamanarune:20180823103139p:plain

(出典:内閣官房まち・ひと・しごと地方創生事務局RESAS。以下同左) 

 

このような画面があらわれます。

 

f:id:nakayamanarune:20180823192514p:plain

 

初回の宿題として、

 

・イチバン重要な指標が何か

・他の指標とどのような関係にあるか

 

読み取れたでしょうか?

 

(1)イチバン重要な指標が何か?

 

どれも意味のある数字ですが、単純化のためにあえて断定すれば、

 

左下にある「生産」(つまりビジネス)によって生み出され、真ん中の「所得」(つまり儲けたカネ)へ分配された2,144億円

 

が最も重要だと考えます。

 

というのもこれが「亀岡市全体のかせぐ力、儲けを生み出すパワー」を表しているからです。パワーがなければ、そもそも何も生まれません。

 

(2−1)所得との関係

 

右上にある、所得からの支出は、3,038億円になっています。これは、

 

①「亀岡市内の生産活動、ビジネス」から儲けたカネである所得2,144億円に加え、

 

②「市外で稼いできた」亀岡市民(外ではたらいてきたカメジン)や企業の所得が894億円ある

 

という状況を意味します。

 

(2−2)支出との関係

 

 上で見たように、地域全体のカメジンや企業の手元には所得として3,038億円あります。

 

これを消費や投資に使うわけですが、

 

一部は京都市など亀岡市外で使うため、2,144億円のみがモノやサービスに対して亀岡で支払ったカネとなります(右下、支出による生産への還流)。

 

がんばって働いてもらったおかねを、また別のだれかにありがとうと言ってわたす おかねは天下の回りものなんだよなぁ ぶちょう

改めて図をみるとどうでしょうか?

 

カネは天下の回りものだなぁと実感できると思います。

 

リサイクル, 矢印, シンボル, 循環, サイクル, 露光

①亀岡で生産されたモノやサービスの「付加価値の対価」として支払われ・・・

 

②働いたカメジンの「ふところに入って所得」となり・・・

 

③生活や仕事の中で「消費や投資」として支払われ・・・

 

④それを受けてモノやサービスが作られる・・・

 

という循環をくりかえす。こうした状況がRESASにより数値化されています。

  

よく言われるのが 

 

Two sisters rolling snow to make snowman

 ・地域の経済循環、いわば「おカネのめぐり」を良くする必要がある

 

・そのためには、おカネが「流出」と同時に「流入」し、地域のなかでグルグル回るよう太い流れをつくる 

 

という地方創生の発想です。

 

おカネが動くほど、消費が生まれ、生産が生まれ、所得になって帰ってくる、というとイメージしやすいでしょうか。

 

まぐろとおなじで、ずっとうごいていないと弱ってしまう、それが経済なんだよなぁ ぶちょう

おカネの域外への「流出」が「流入」より多すぎると、このグルグル回る太い流れをつくれず、経済活動の規模が小さくなります。

 

f:id:nakayamanarune:20180823221812p:plain

 

流出の例として、

 

①生産→分配:亀岡市外(例えば京都市)に本拠地をもつヒトや企業がはたらいている場合、亀岡市で「彼らが稼いだカネ」は、彼らの本拠地に流れる

 

②分配→支出:カメジンが、オンラインショップや郊外店舗、大都市の店舗でモノを買ったり、サービスにお金を払う場合、亀岡内でニギられていた所得が外に流出

 

③支出→生産:カメジンや企業が、上記②のように亀岡で消費や投資をしない結果、亀岡でモノづくりや飲食サービスなどが生じない。「生産」に回るカネが少なくなる

 

こうした状況がつづくと、地域経済が衰退することは想像にかたくないと思います。 

次回に向けた、しゅくだい

では、「流出」は常に悪いのでしょうか?

 

上の例えでは、イメージしやすいよう京都市との関係を取り上げていますが、

 

・ヨソ者が来て稼ぐのが悪い

亀岡市の外でモノを買ってはいけない

・地域対地域のカネの奪い合いである

 

という解釈は、近視眼的で、まちの衰退をまねく悪論だと思います。

 

なぜでしょうか?

 

週末も一つずつじっくり進めていくので、ぜひ答えを考えてみてください!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。台風20号を切り抜けて16歩目。

 

亀岡市役所 地方創生担当部長 

仲山徳音(なかやま なるね)

E-mail: nakayama88@city.kameoka.lg.jp

Phone: (0771) 25-5006